教育のためにできることはいろいろある

教育をすることで満足するのではなく、その人を本当に助けるということを念頭において教育することはとても大切なことです。
それだけに教育の分野で働くということはやりがいのある仕事であるということができます。
そのためにできることは相手の目を見て教えるということです。
クラスにおいても、個人でのレッスンでも相手の目を見て話す、顔を見て教えるというのはとても大切です。
そのように見ることで、相手が自分の教えを本当に理解しているのか、またどこが理解できていないのかということがわかることが多いのです。
雰囲気や表情にその理解度が表れ、それによって生徒の弱点などを知ることができます。
また、特には自分の経験を話すということもとても効果がある教え方です。
自分も以前はこのようなつらい経験をした、その時にこんな取り組み方をした、このようにして解決したなどの経験を話すと、生徒はとても身近にその問題を捉えるようになり、自分もできるのではないかという気持ちになりますし、生徒も先生に対して親近感を持つようになりやすいのです。
先生と生徒がこうして良い関係になると、生徒は敬意を持って先生の話を聞くようになっていきます。
また、要点や鍵となる考えを何度も復習するような教え方も記憶に残りやすいものです。
授業の最後の結論などは特に記憶に留まるものですから、先生が毎回の授業の中で、要点やポイントはなにかということをはっきりと把握してそこを強調できれば効果的な教え手として成長できます。

Sorry, but you are not allowed to comment.